日本オラクル、イベント駆動型システムのための基盤ソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、イベント駆動型システムのための基盤ソフトを出荷


掲載日:2006/11/30


News

 日本オラクル株式会社は、ビジネス環境で発生する様々なイベントに基づいてプログラムやサービスを駆動する、EDA(イベント駆動型アーキテクチャ)をベースとしたスイート製品「Oracle Event-Driven Architecture Suite」(Oracle EDA Suite)を、2007年1月9日より出荷する。価格は、1プロセッサあたり750万円となっている。

 「Oracle EDA Suite」は、標準技術に準拠した統合型の基盤ソフトウェア。イベント駆動型アプリケーションの構築/展開/管理を容易に行なうことができ、ビジネスや市場の変化へのリアルタイム対応が可能となる。また、ビジネスイベントの監視/分析/対応をリアルタイムで可能にするミドルウェアテクノロジーで構成されており、「Oracle SOA Suite」と組み合わせることで、柔軟性と対応力に優れたイベント駆動型システムを構築することができる。

 DBと業務アプリケーションを融合させるミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware」のホットプラガブルアーキテクチャに準じており、「Oracle Containers for J2EE」やBEA WebLogic Server、IBM WebSphere Application Server、JBoss Application Serverなどのアプリケーションサーバーと、「Oracle Advanced Queuing」やSonicMQ、Tibco Enterprise JMS、WebSphereMQなどのメッセージバスとの相互運用が可能となっている。


出荷日・発売日 2007年1月9日 出荷
価格 750万円/プロセッサ

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Webアプリケーションサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webアプリケーションサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016586


IT・IT製品TOP > サーバー > Webアプリケーションサーバ > WebアプリケーションサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ