日本IBM、アプリを組み合わせ新機能を作成する基盤ソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、アプリを組み合わせ新機能を作成する基盤ソフトを出荷


掲載日:2006/11/30


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、複数のアプリケーションを組み合わせて新しい機能を作成する基盤ソフトウェア「Lotus Expeditor V6.1」を、出荷した。価格は、「Lotus Expeditor V6.1 Enterprise Edition」が1CPU/サーバで858万円、「Lotus Expeditor V6.1 Client」が1ユーザーで1万4200円となっている。

 「Lotus Expeditor V6.1」は、既存のアプリケーションを組み合わせ、新たなアプリケーションを作成するためのソフトウェア。オープンソースの開発環境Eclipseに対応し、RSSなどで個別に提供されている複数のアプリケーションを組み合わせる“マッシュアップ・コラボレーション”の簡素化/高速化が可能となっている。

 Webサービスなどを組み合わせるためのJ2EEの機能やWebサービスの情報をクライアント側で実装できる機能を搭載し、“マッシュアップ・コラボレーション”のための時間/費用の削減と、サーバ側の負荷軽減を図ることができる。また、情報やロジックをクライアント側に取り込むことができるため、ユーザーはネットワークに接続していない環境でもオンライン同様の作業が可能となる。プロビジョニング機能も備えており、自動的に最新ソフトウェアの配信が実行されることで、アプリケーション管理者の負担を軽減することができる。


出荷日・発売日 2006年11月29日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

「EAI」関連の製品

情報連携支援 Qanat2.0 【JBアドバンスト・テクノロジー】 システム間の“データ連携”で実現、業務の自動化と効率化による人材不足の解消 【マジックソフトウェア・ジャパン】 簡単なマウス操作で全システムをつなぐ、プログラミング不要のデータ連携ツール 【マジックソフトウェア・ジャパン】 データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
EAI EAI EAI EAI EAI
企業内外(オンプレミス・クラウド)のさまざまなデータをノンプログラミングで簡単に他システムへ連携・変換し、業務の効率UP・運用コスト削減に貢献するデータ連携ツール。 システム間の“データ連携”で実現、業務の自動化と効率化による人材不足の解消 簡単なマウス操作で全システムをつなぐ、プログラミング不要のデータ連携ツール 企業内のさまざまなデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するミドルウェア
・11年連続国内シェアNo.1、導入実績は6000社以上
・高速開発・業務自動化を実現
ノンコーディングでシステム連携を実現する開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプタを装備し、短期間かつ低コストでシステム連携を実現する。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016577


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ