SAPジャパン、ERP設定を自動化するツールの対応業種を拡大

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、ERP設定を自動化するツールの対応業種を拡大


掲載日:2006/11/28


News

 SAPジャパン株式会社は、業種に特化したERPパッケージの設定自動化ツール「SAP Best Practices」の対応業種を拡大し、自動車部品業界/小売業界/鉄鋼業界の対応版を、無償で出荷した。

 「SAP Best Practices」は、業界特有の業務シナリオや機能モジュールをあらかじめ定義して提供することで、ソフトウェアの設定を自動化し導入作業の工数を削減するツール。今回出荷されたのは、自動車部品業界向け「SAP Best Practices for Automotive」と小売業向け「SAP Best Practices for Retail」、鉄鋼業向け「SAP Best Practices for Primary Steel」の3製品で、同社の業種別ソリューションの導入実績に基づいた業務シナリオに加え、日本固有の様々な要件に対応するシナリオが追加されている。

 自動車部品業界向け製品には、“内示&確定処理とインボイス処理”や“ESP/LSP - 配送委託”などの業務シナリオが含まれている。小売業界向け製品には“小売業向け組織設定”や“商品管理”、“価格設定(小売売価/卸売売価管理)”などが、鉄鋼業界向け製品には“需給計画”や“受注処理/品質設計”、“生産計画”などのシナリオが含まれている。


出荷日・発売日 2006年11月27日 出荷
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Excel利用でありがちな製造業での情報システム連携の課題 【インフォアジャパン】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】 中堅・中小企業向け基幹業務ERP MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】 GRANDIT 【GRANDIT】 短期間、低コストで経営を変えたい成長企業向けクラウドERP 【FutureOne】
ERP ERP ERP ERP ERP
製造業なら当たり前 備えておくべき情報プラットフォームの条件 パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。
強力な管理会計機能を備えたERPパッケージ。
業務効率の更なる向上と知的生産の向上に寄与する仕組みを搭載。
シリーズとしての機能を継承しつつ約200の機能アップを実現。
経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 ハードルが高いERP導入はもはや過去 クラウドERPで現場が変わる

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016545


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ