ビーコンIT、内部統制のための業務改善を支援する製品を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ビーコンIT、内部統制のための業務改善を支援する製品を発表


掲載日:2006/11/28


News

 株式会社ビーコンITは、内部統制のための業務改善を支援する製品「BeaconIT Data Management Suite for コンプライアンスワークフロー」を、発表した。価格は、1200万円からとなっている。

 「コンプライアンスワークフロー」は、適切に業務が行なわれ、その履歴証明を目的とした情報を残す支援システムを構築できる製品。画面処理/プロセス処理/業務データ処理を独立して制御する構造を備えており、入力/管理/承認/利用/データ/アプリケーションなど各ステップごとの適正な利用をコントロールし、内部監査のためのログを残すことができる。

 これにより、現状プロセスの可視化(モデル化)と分析に加え、可視化したものの効率的な文書化/文書管理が可能となっている。企業内部のすべてのログを統合した環境を構築できるほか、既存システムを活かしたプロセス改善も可能となっている。オプションとして、既存資産を利用するための連携ソリューションも用意されている。


出荷日・発売日 −−−
価格 1200万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

基幹システム連携/Webワークフロー基盤 楽々WorkflowII 【住友電工情報システム】 ワークフロー活用ガイド:文書を起点とした業務改善の3つのポイント 【エイトレッド】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ 【アドビ システムズ】 「自らを破壊者に」――老舗銀行が新興企業に対抗できた理由とは 【アドビ システムズ】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
基幹業務のワークフローシステムを素早く簡単に作成するソフトウェア。単純な申請業務のワークフローならノンプログラミングでも構築可能。海外拠点を想定した多国語対応。 3つの文書の流れを理解して業務手続きを効率化:ワークフロー活用ガイド G Suiteまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。 「電子サイン」と「電子署名」はどう違う? 業務で異なる文書変革のアプローチ エクスペリエンスビジネスを実践する老舗企業のデジタル変革とは

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016542


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ