T-SS、データファイルの情報漏洩防止ソリューションの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


T-SS、データファイルの情報漏洩防止ソリューションの新版を発売


掲載日:2006/11/21


News

 株式会社トリニティーセキュリティーシステムズは、企業内データファイルの情報漏洩と不正使用を防止するソリューションの新版「Pirates Buster for Document(PBforDoc) Ver.3.0」を、発売した。

 「PBforDoc」は、Office製品(Excel/PowerPoint/Word)のファイルやPDF/CSV/TEXT形式のファイルを暗号化し、利用者ごとに利用権限を設定することで情報漏洩を防止するソリューション。今回の新版では、暗号化ファイルを容易に運用管理できるテンプレート機能を備えているほか、ファイルの暗号化/復号時の操作が簡略化されている。WindowsのログオンIDと連携したシングルサインオンに対応した機能も追加されている。

 ファイル閲覧期限を、従来のカレンダーによる日付指定に加え“暗号化した日から10日”といった期間を設定することもできる。編集権限とコピー権限が分離されており、暗号化ファイルの内容を編集することや再度暗号化して保存すること(編集権限)が可能でも、その内容を他のアプリケーションにコピーするなど外部への持ち出し(コピー権限)を制限することが可能となっている。

 暗号化ファイル/暗号化アプリケーション/ユーザー管理アプリケーションの利用状況を記録するログ管理機能が強化されており、管理者がユーザー管理アプリケーションを操作した際のログに加え、暗号化ファイルを開いている間にネットワークが切断された場合でもログを取得できる機能が追加されている。また、人事異動発表前の組織やM&Aなどの極秘プロジェクトといった高い機密保持が求められるグループやその所属メンバーの非表示機能も追加され、セキュリティが向上している。


出荷日・発売日 2006年11月20日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

マイナンバーソリューション 【日立ソリューションズ】 個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】 payShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
収集・保管・利用にいたる業務プロセスをサポート。保管時はセキュアな専用DBで安全にマイナンバーを管理し、利用時のセキュリティも強化できる。 マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。 カード発行・決済取引に特化したアプリケーションと組み合わせて利用するHSM。国際ブランドはもちろんEMV・PCI・Global Platformなど金融関連のセキュリティ標準を満たす。 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016471


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ