ミラクル・リナックスなど、電子カルテでリハビリ評価基準を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ミラクル・リナックスなど、電子カルテでリハビリ評価基準を提供


掲載日:2006/11/20


News

 ミラクル・リナックス株式会社、米Twin Sun,Inc.、株式会社エーゼットの3社は、Twin Sunの電子カルテ「MEDEX on MIRACLE LINUX」シリーズに、リハビリテーション評価国際基準“FIM”(機能的自立度評価方法)の国内公式ライセンスをバンドルし、12月より提供する。

 「MEDEX」は、MIRACLE LINUX(ミラクル・リナックスのエンタープライズ系Linux)を採用した電子カルテソフト。容易にカスタマイズできるオープンソースソフトで、ソースコード改修により部門システム連携が可能なほか、PHP/MySQL/PostgreSQLの採用やオラクルDBとの直接連携により汎用性に優れている。また、Webテクノロジーを採用したGUIやカンファレンス機能を中心に、患者に関するデータを編集できるグループウェア制御機能/自動履歴管理機能など、Linuxの特徴を生かした機能に加え、画像オーダー/病床管理などの様々なアプリケーションを標準装備している。

 “FIM”は、リハビリテーションの国際的な標準の評価基準。同基準に関する知的所有権を管理運営する組織“UDS”(UNIFORM DATA SYSTEM FOR MEDICAL REHABILITATION)と正式ライセンス契約を交わした医療機関が、FIM評価表とそのデータを管理するソフトを利用することができる。今回のバンドルにより、「MEDEX on MIRACLE LINUX」シリーズを導入した医療機関に日本語ニュースレターと日本語FIM用ソフトが提供される。また、医療機関がUDSから正式のFIM評価基準を利用できるようライセンス取得手続きをTwin Sunが代行するほか、FIM評価データをUDSに直接送信できる安全なインフラがライセンス取得した医療機関へ提供される。これにより、世界中のFIMデータを一元管理するUDSのDBに日本のデータを登録することが可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016460


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ