SWsoft、サーバ仮想化ソフト「Virutozzo」アップデート版を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SWsoft、サーバ仮想化ソフト「Virutozzo」アップデート版を発表


掲載日:2006/11/17


News

 米SWsoftは、サーバ仮想化ソフト「Virutozzo」で、ネットワーク管理機能とLinux/Windowsアプリケーションのサポートを強化したアップデート版(Linuxバージョン/Windowsバージョン)を、発表した。

 「Virutozzo」は、OSレベルのサーバ仮想化技術により、単一のLinux/Windowsインスタンスを動的に複数の仮想環境(VE)に分割できるソフト。今回のアップデート版では、イーサネット層ネットワークアダプタがサポートされ、イーサネットに依存するアプリケーション/サービスをVEで実行可能となった。VLAN(Virtual LAN)もサポートでき、ネットワークトラフィックの分離により、厳格なセキュリティ要件を満たす仮想ネットワークインフラストラクチャのセットアップが可能となっている。

 Linuxアップデート版では、システム管理者が実際の物理CPU数に応じて仮想CPU数を割り当てることができる。Windowsアップデート版では、新CPUスケジューラにより、仮想環境ごとの優れた分離と厳格なCPU上限設定が可能となっている。なお、「Virtuozzo 3.0 for Linux Service Pack 1」は既に入手可能で、「Virtuozzo 3.5.1 for Windows Service Pack 1」は1ヵ月以内に入手可能となる予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016441


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ