NEC、緊急時に文字/音声情報の共有を支援するシステムを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、緊急時に文字/音声情報の共有を支援するシステムを出荷


掲載日:2006/11/15


News

 日本電気株式会社は、自然災害や事故発生時などの緊急時に、ホワイトボード/Web会議システム/ウェアラブル(身に付けることができる)コンピュータなどを組み合わせ、情報収集/共有を支援するシステム「UNIVERGE 緊急対策会議ソリューション」を、出荷した。価格は、800万円からとなっている。

 「UNIVERGE 緊急対策会議ソリューション」は、企業や官公庁が災害/事故発生時に被害情報を収集し意思決定を行なう際に、災害対策本部や各拠点がホワイトボードに書き込む被害情報や被災地の映像/音声を、各所各人が用いるPCのWeb会議システム画面上でリアルタイムに共有できるシステム。ホワイトボードに書き込まれた文字や絵をホワイトボードレコーダー「コクヨ mimio Xi」によって自動的に電子化し、Web会議システム画面「Adobe Acrobat Connect Professional」で共有することができる。Webシステムであるため、オフィス拠点間に加え社員/幹部の自宅PCからもアクセスすることができる。

 接続したカメラで撮影した映像や音声をモバイルデータ通信によりリアルタイムで配信/蓄積できるNECの「UNIVERGE WNXサーバ」(手のひらサイズで重さ約180g)とWeb会議システムを結び、災害/事故現場の映像をWeb会議画面上で共有することができる。また、IPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」を組み合わせることで電話からのWeb会議参加が可能となり、災害/事故現場からの報告や離れた場所にいる専門家との音声会議を行なうことができる。

 これらにより、文字情報に加え音声情報も同時に共有できるため、災害/事故対策への迅速な行動が可能となる。なお、「UNIVERGE 緊急対策会議ソリューション」は、通常業務でも、複数拠点間における映像/音声/文字情報のリアルタイムな共有に利用することができる。

(写真:画面イメージ)


出荷日・発売日 2006年11月13日 出荷
価格 800万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Web会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Web会議」関連情報をランダムに表示しています。

「Web会議」関連の製品

Revolabs USBスピーカーフォン「FLX UC 500」 【ヤマハ】 V-CUBE One 【ソフトバンク コマース&サービス】 中・大規模会議 マイクスピーカーシステム「YVC-1000」 【ヤマハ】 CAM340 【アバー・インフォメーション】 クラウド型Web会議サービス 「TeleOffice」 【ソフトバンク コマース&サービス】
Web会議 Web会議 Web会議 Web会議 Web会議
6人程度の中規模Web会議に最適。話者に負担の少ない高性能マイクと高音質スピーカーで快適な遠隔コミュニケーションが可能。 ブイキューブの提供する複数のコミュニケーションサービスをシンプルな「ひとつ」のパッケージに。 マイクとスピーカーを独立させ、低音から高音までクリアに再生できるスピーカーをディスプレイの前に置くことで映像と音声の一体感を生み出し、スムーズなWeb会議を実現。 PC内蔵カメラの課題を解消、小規模会議室に最適な「ハドルルームカメラ」とは? 映像や音声、資料、ホワイトボードなどを、場所を選ばず、リアルタイムに共有できるクラウド型Web会議サービス。簡単操作と独自技術によるスピーディな資料共有が特長。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016393


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > Web会議 > Web会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ