プリンストン、W60×H182×D210mmの1ドライブ型NASを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


プリンストン、W60×H182×D210mmの1ドライブ型NASを発売


掲載日:2006/11/14


News

 プリンストンテクノロジー株式会社は、1ドライブ型NAS「PNS01S」シリーズを、11月中旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「PNS01S」シリーズは、幅60mm×高さ182mm×奥行き210mmとコンパクトで、SATA(シリアルATA)規格HDDに対応したNAS製品。放熱性/静音性に優れたファンレスのアルミ本体を採用しており、USBデバイスのデータを容易に保存できるフロントCOPYボタンを備えている。ギガビットイーサネットに対応し、DHCPサーバ機能/FTPサーバ機能などを搭載しているほか、リモートレプリケーション機能により、他の「PNS」シリーズなどのバックアップ先として使用することもできる。クライアントPCの容易な自動バックアップが可能なソフトウェア「NetBak Replicator」が添付されている。


出荷日・発売日 2006年11月中旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 10ベイ NASサーバ AS7010T 【シー・エフ・デー販売】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る 大容量で高い性能でありながら、非常にコンパクトなサイズで低価格であるため、大企業のみならず中堅・中小レベルでも導入しやすいNAS。 SSDがオールフラッシュストレージの“ベスト”な選択といえるのか? フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 オールフラッシュストレージが、基幹系システムのコスト削減にも効く意外な理由

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016386


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ