CTC、Flashインターフェースを利用した文書管理システムを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTC、Flashインターフェースを利用した文書管理システムを発売


掲載日:2006/11/14


News

 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、Flashインターフェースを利用し、利便性/セキュリティ/拡張性に優れた企業向け文書管理システム「EIMANAGER/Web」を、発売した。価格は、1000ユーザーで2500万円からとなっている。

 「EIMANAGER/Web」は、インターフェース設計にAdobe Flex(Adobe Systemsのリッチインターネットアプリケーション構築ツール)を採用した文書管理システム。ドラッグ&ドロップなど通常のPC操作と同じ要領で、Web経由でのDBアクセスが可能となっている。コアとなるライブラリシステムはJavaで開発されており、導入企業の業務プロセスに合わせたフロー設計やセキュリティポリシーに合わせたアクセス制御の設定/カスタマイズを容易に行なうことができる。既存システムとの連携も容易となっている。また、DBにオラクルを採用し、大規模環境にも対応することができる。

 インターフェースとして採用しているFlashは、無償配布されているプラグイン「Flash Player」により、アプリケーションやOSに依存せず、様々な環境でリッチなユーザーインターフェースを利用することができる。


出荷日・発売日 2006年11月10日 発売
価格 1000ユーザー:2500万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

文書管理システム DocuMaker Office 【ファインデックス】 File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 技術文書の原本管理コストが約10分の1に――知的財産管理を効率化した方法とは 【パナソニック ソリューションテクノロジー】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
紙で運用している文書やシステムで記載している文書、Word・Excelで作成している文書などの作成、活用、保存を一元的に統合管理できる文書管理システム。 様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 技術文書の原本管理コストが約10分の1に――知的財産管理を効率化した方法とは SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016373


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ