キヤノン、A2サイズを毎分14枚印刷できるデジタル複合機を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、A2サイズを毎分14枚印刷できるデジタル複合機を発売


掲載日:2006/11/10


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、設計/土木/建築関連企業や官公庁向けに、A2サイズ対応のデジタル複合機「キヤノン imageRUNNER iR W740N」を、11月28日より発売する。価格は、215万円となっている。

 「iR W740N」は、毎分40枚のコピー/スキャン(いずれもA4ヨコ)が可能で、ファーストコピーは5.0秒(A4ヨコ)を達成した自動原稿送り装置付き複合機。5段トレイ(550枚×2段+250枚×3段)とマルチ手差しトレイ(50枚)の最大6ウェイ/1900枚の給紙が可能となっている。解像度600dpi/256階調の画質、毎分14枚(A2)の出力が可能なネットワークプリント機能を搭載しており、レーザープリンタのページ記述言語RPCSに加え、CADプロッター言語HP-GLやHP-GL/2に準拠したRP-GLとRP-GL/2を搭載している。

 スキャナ機能では、A2までのドキュメントを電子化でき、プロトコルはSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)/SMB(Server Message Block)/FTPをサポートしている。数回に分けてスキャンした原稿を1つのファイルとして処理できる“大量原稿モード”を搭載しているほか、傾いて読み取った場合でも文字列がまっすぐになるよう自動補正する“傾き自動補正”機能も搭載している。

 オプションのファックス機能では、図面やポスターなど、A2サイズまでの送受信が可能となっている。受信したファックス文書を指定した宛先にメールで配信する“ペーパーレスファクス受信”や、“インターネットファクス送受信”を可能とする“W-NET FAX”機能を備えている。さらに、赤/黒の2色印刷が可能な“赤黒ツインカラー機能”や、出力物の仕分けやステイプル、パンチ穴あけを自動処理する“フィニッシャー”もオプションで用意されている。また、コピー機能に特化した「iR W740」も、11月28日より発売される。価格は、156万円となっている。

 (写真:「iR W740N」)


出荷日・発売日 2006年11月28日 発売
価格 「iR W740N」:215万円/「iR W740」:156万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016338


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ