NECソフトなど、PC周辺機器からの情報漏洩を防止する製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECソフトなど、PC周辺機器からの情報漏洩を防止する製品を出荷


掲載日:2006/11/08


News

 NECソフト株式会社と日本電気株式会社は、PC周辺機器からの情報漏洩を防止する製品「InfoCage/デバイス防御(DeviceProtector)」を、出荷した。

 「InfoCage/デバイス防御(DeviceProtector)」は、クライアントPCの周辺機器の使用を制限することで、機密データ漏洩や、コンピュータウイルスなど不正プログラムの流入を防止する製品。使用中のクライアントPCにインストールすることで、既存環境を変更せずに導入することができる。設定ツールを使用することで詳細な設定が可能なほか、ポリシーファイルの配布機能により、同一設定を他のクライアントPCへ展開することもできる。

(写真:操作画面イメージ)


出荷日・発売日 2006年11月7日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】 行動分析ソリューション「察知くん-G」 【ギガ+他】 多層防御では防ぎきれない――3つの無害化でエンドポイントを脅威から守る方法 【アシスト】 ブラウザからの感染を防ぐ、リモートブラウザ分離ソリューションとは? 【アシスト】 デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
インフラ構築時の重要課題、“後付けセキュリティ”の弊害とは? 企業内のログデータや管理情報を統合的に分析し、不正につながる従業員の行動(リスク行動)をAIが検知し、アラート・分析レポートを提供する。 多層防御では防ぎきれない――3つの無害化でエンドポイントを脅威から守る方法 ブラウザからの感染を防ぐ、リモートブラウザ分離ソリューションとは? スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016302


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ