オムロン、常時インバータ給電方式の200V仕様UPSを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オムロン、常時インバータ給電方式の200V仕様UPSを発売


掲載日:2006/11/02


News

 オムロン株式会社は、電源電圧200〜240V入出力に対応した、常時インバータ給電方式のUPS(無停電電源装置)2機種を、12月20日より順次発売する。価格は、出力容量1kVA/700Wの「BU1002SW」が20万円、3kVA/2.1kWの「BU3002SW」が42万円となっている。

 両製品とも、入力電圧の変動からの影響を抑え出力電圧は安定させた常時インバータ給電方式のUPS。入力電圧範囲は145〜276Vで、電圧変動の激しい場所でも使用することができる。UL1778を取得し、CEマーキングに適合しているほか、リモートオン/オフ機能や出力用端子台、USB/RS-232C/接点信号の通信用インターフェースを標準装備している。

 期待寿命4〜5年のバッテリを搭載し、“状態表示ウインドウ”と“バッテリ交換表示LED”を搭載している。ユーザー自身で容易にバッテリ交換/ファン交換が可能で、誤操作を防止する電源スイッチカバーを備えている。コールドスタート機能により、
入力電源のない場所で非常用入力電源として、ある時間だけUPSを使用することもできる。また、Windows/Linux/Mac対応の自動シャットダウンソフトが標準添付されるほか、オプションでSNMP(Simple Network Management Protocol)管理が可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 「BU1002SW」:20万円/「BU3002SW」:42万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016251


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ