フューチャースピリッツ、レンタルサーバなどでSPF Classic対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フューチャースピリッツ、レンタルサーバなどでSPF Classic対応


掲載日:2006/11/01


News

 株式会社フューチャースピリッツは、同社のレンタルサーバサービスやオンラインショップ構築ASPサービスのメールサービスが、メール送信元ドメイン認証技術“SPF Classic(Sender ID)”に対応したと、発表した。

 “SPF Classic(Sender ID)”は、メールの送信元アドレス偽装を防止する技術。メール送信側のDNS(Domain Name System)サーバに記述されたドメイン情報を受信側のメールサーバが参照し、受信時のメールの接続IPアドレスと照合することで、正常なメールかどうかの判定を行なう。今回の対応により、同社のサーバで利用されているメールアドレスを第3者が詐称してメール送信することの防止を図ることができる。また、同社のサーバから“メール送信元ドメイン認証”を導入しているメールサービスへ送信されたメールが、誤って迷惑メールとして扱われてしまう可能性を抑えることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「電子メール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子メール」関連情報をランダムに表示しています。

「電子メール」関連の製品

ビジネスWebメールソリューション「Active! mail」 【クオリティア】 メールマーケティングに専用の配信システムが必要な理由 【ユミルリンク】 アンチスパム+メールサーバの トータルソリューション MailSuite 【クオリティア】 かんたんメール共有ツール「サイボウズ メールワイズ」 【サイボウズ】 上位50社を徹底調査、“売れてる”ECサイトのメルマガ配信傾向 【ユミルリンク】
電子メール 電子メール 電子メール 電子メール 電子メール
Webブラウザ上でメールを送受信するAjax採用Webメールソフト
◎安全/利便/操作性を兼備
◎メールサーバに対して画面表示用のゲートウェイとして働き、利用環境を選ばない
せっかく配信した一斉メールがスパム扱いされているかも 具体的な対策法は? メールサーバーソリューションとスパム遮断ソリューションを統合したトータルメールソフトウェア。マルチスレッド方式を採用した独自開発の高性能メールエンジンを搭載。 社内、部署内のメールを一元管理するWebメールシステム。メーリングリストやCCが不要となり、トラフィックを大幅に低減可能。また一覧画面でステータスを管理できる。 ECサイト売上トップ50社の共通傾向とは 調査結果からひもとく“売れてる”理由

「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016244


IT・IT製品TOP > メール > 電子メール > 電子メールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ