ATZ、オープンソースのBIソフトの商用版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ATZ、オープンソースのBIソフトの商用版を発売


掲載日:2006/11/01


News

 アクチャルテクノロジーズ株式会社(ATZ)は、米PentahoのオープンソースBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトの商用版「Pentaho BI Professional」を、発売した。価格は、1CPUあたり年額86万円となっている。

 「Pentaho」は、ERPやCRMなどの社内業務用DBの情報を利用し、分析/レポーティングを行なうためのツール。企業内データの統合からデータ集計、分析、レポーティングまでを一貫して行なうことができる。今回発売された「Pentaho BI Professional」は、ロールベース/シングルサインオンといったセキュリティなどの各種管理機能を備えている。またATZは、製品の日本語化に加え、導入コンサルティング/保守サポート/トレーニングを行なう。


出荷日・発売日 2006年11月1日 発売
価格 1CPU:年額86万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

自社の「アナリティクス成熟度」はどの段階? 分析を進化させる3つの秘訣 【インテル】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 インテル 統合分析プラットフォーム 【インテル】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】
BI BI BI BI BI
自社の「アナリティクス成熟度」はどの段階? 分析を進化させる3つの秘訣 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
多様なデータを統合管理、DWHの制限を取り払う「統合分析ハブ」 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016232


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ