ATZ、オープンソースのBIソフトの商用版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ATZ、オープンソースのBIソフトの商用版を発売


掲載日:2006/11/01


News

 アクチャルテクノロジーズ株式会社(ATZ)は、米PentahoのオープンソースBI(ビジネスインテリジェンス)ソフトの商用版「Pentaho BI Professional」を、発売した。価格は、1CPUあたり年額86万円となっている。

 「Pentaho」は、ERPやCRMなどの社内業務用DBの情報を利用し、分析/レポーティングを行なうためのツール。企業内データの統合からデータ集計、分析、レポーティングまでを一貫して行なうことができる。今回発売された「Pentaho BI Professional」は、ロールベース/シングルサインオンといったセキュリティなどの各種管理機能を備えている。またATZは、製品の日本語化に加え、導入コンサルティング/保守サポート/トレーニングを行なう。


出荷日・発売日 2006年11月1日 発売
価格 1CPU:年額86万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 DWHとは異なる「ガバナンスを効かせたデータ基盤」とはどのようなものか? 【日本アイ・ビー・エム】 経営者が本当に欲しいデータを簡単に見える化する方法 【富士通マーケティング】 テキストマイニングツール「Text Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 MicroStrategy 10 【マイクロストラテジー・ジャパン】
BI BI BI BI BI
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 DWHとは異なる「ガバナンスを効かせたデータ基盤」とはどのようなものか? 常に経営者は企業のかじ取りに役立つデータ活用ツールを求めている。だが、その本音は「機能」が欲しいわけではない。実績に裏打ちされたノウハウが必要なのだ。 日本発のテキストマイニングツール。簡単な操作で本格的なテキストマイニングが可能。日本の企業文化に即した多彩な機能を搭載している。 強力なエンタープライズ対応アナリティクス、セルフサービスBI、モビリティ、セキュリティを統合プラットフォームでシームレスに提供するエンタープライズBIソリューション

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016232


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ