NEC、低電圧版Xeonプロセッサ搭載のブレードサーバなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、低電圧版Xeonプロセッサ搭載のブレードサーバなどを出荷


掲載日:2006/10/27


News

 日本電気株式会社は、サーバ/ネットワーク/ストレージを統合可能なブレードシステム「SIGMABLADE」で、低電圧版Xeonプロセッサ搭載のブレードサーバを、10月31日より出荷する。

 今回出荷される製品は、ブレードサーバ「Express5800/120Bb-6」の低電圧版デュアルコアXeonプロセッサ5148(2.33GHz)搭載モデル。高さ10Uのブレード収納筐体「SIGMABLADE-H」に最大16枚、高さ6Uの「SIGMABLADE-M」に最大8枚実装することができる。デュアルコアXeonプロセッサに比べ消費電力を約2分の1に低減しているほか、負荷状況に応じ動作周波数を制御して消費電力を抑える機能を備えている。デュアルコアXeonプロセッサ5130(2GHz)搭載モデルも同時に出荷される。なお価格は、低電圧版デュアルコアXeon5148搭載モデルが43万円、デュアルコアXeon5130搭載モデルが39万円となっている。


出荷日・発売日 2006年10月31日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「NEC」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016190


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ