オムロン、情報機器などのリモート電源制御装置を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オムロン、情報機器などのリモート電源制御装置を発売


掲載日:2006/10/26


News

 オムロン株式会社は、情報機器などの状態を監視し、電源を自動リブート/遠隔操作/スケジュール管理できる「リモート電源制御装置 マルチコントロールコンセント『RC1504』」を、11月25日より発売する。価格は、7万800円となっている。

 「RC1504」では、pingでネットワーク機器の状態を監視し、スイッチなどフリーズした機器の電源を自動的にオフ/オンできるほか、外出先からノートPCなどで監視してオフ/オンすることができる。NTP(Network Time Protocol)サーバに接続することで、スケジュールを設定して自動でオフ/オンすることもできる。これらにより、保守員が現地に行かずに保守/メンテナンスが可能となるため、障害復旧の早期化や、人の移動によるコストの削減も可能となる。

 同社Webサイトから無償でダウンロードできる専用の監視ソフトウェアにより、複数の同製品を一括管理することができる。専用の制御ユーティリティソフトを用いることで暗号化通信にも対応する。また、Webブラウザや同ユーティリティのGUIに加え、Telnet/ターミナルソフト/メールでコマンドラインによる設定/監視/制御が可能なほか、アナログモデムやシリアルポート経由でも制御することができる。オプションで、温度監視によるコンセント制御が可能な温度センサも2007年1月頃発売される予定。


出荷日・発売日 2006年11月25日 発売
価格 7万800円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

ネットワーク監視マネージャ ThirdEye 【ロジックベイン】 知っておきたい、ネットワーク性能を左右する物理層の重要性と認証試験の必要性 【株式会社 TFF】 Webアクセスシェイパ 【NTTアドバンステクノロジ】 多様なデバイスから高パフォーマンスで接続できるネットワークを設計するには 【Aruba Networks】 ユーザーを束縛しないネットワークをデザインするための最重要事項とは? 【Aruba Networks】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
未然に大きな事故を回避できるよう、どのセグメント、どの機器にどのような障害が起こったかなどをいち早く検知し、管理者に通知するネットワーク監視マネージャ。 知っておきたい、ネットワーク性能を左右する物理層の重要性と認証試験の必要性 システムの処理性能を上回るアクセス集中をキューイングし、整理することで快適なWeb環境を維持。 多様なデバイスから高パフォーマンスで接続できるネットワークを設計するには ユーザーを束縛しないネットワークをデザインするための最重要事項とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016181


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ