ソニー、輝度4000ルーメンのデータプロジェクタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー、輝度4000ルーメンのデータプロジェクタを発売


掲載日:2006/10/25


News

 ソニーマーケティング株式会社は、投影方式に3LCD方式を採用したデータプロジェクタ「VPL-FE40」/「VPL-FX40」を、2007年1月上旬より順次発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「VPL-FE40」/「VPL-FX40」は、無機配向膜を採用し耐光性に優れた高開口率LCDパネル“BrightEra”と、輝度/静音性を両立させた光学システムにより、輝度4000ルーメンを達成したプロジェクタ。「VPL-FE40」は147万画素のSXGA+パネルにより1400×1050ピクセルの映像を、「VPL-FX40」は約79万画素のXGAパネルにより1024×768ピクセルの映像を投影することができる。

 1.3倍電動ズームや電動フォーカス、電動水平/垂直レンズシフト機能を標準装備し、リモートコマンダーにより離れた場所から画角調整を行なうことができる。レンズが本体の中心に配置されており、同製品とスクリーンのセンター位置の調節を容易に行なうことができる。ランプ交換は横から、フィルター清掃は前面から行なえるため天井吊り下げ状態でのメンテナンス作業が可能となっている。

 ネットワークケーブルに接続することで有線LANに接続しているコンピューターの映像を投影できるほか、無線LAN機能を搭載したコンピューターの映像をネットワーク上の無線LANアクセスポイントを経由して投影することができる。Web経由で電源のオン/オフなどの制御も可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016153


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ