エフ・セキュア、個人向けセキュリティ製品の新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


エフ・セキュア、個人向けセキュリティ製品の新バージョンを発売


掲載日:2006/10/24


News

 日本エフ・セキュア株式会社は、個人向けセキュリティ製品の新バージョン「F-Secureインターネットセキュリティ2007」を、10月30日より発売する。

 今回の新バージョンでは、従来の定義ファイルベースのシステムを数種類の事前予防技術と統合した“F-Secure DeepGuard”による未知の脅威に対する保護が可能となっている。スパイウェアスキャンの2エンジン化により、検出率が向上し駆除機能が強化されている。Webトラフィックのリアルタイムスキャンが可能なほか、“F-Secure BlackLight”によるルートキット(侵入形跡抹消などを行なうソフト)に対する保護が拡張されている。メールのフィッシング対策も可能となっている。

 エンジンのアップグレードによりスパム検出率とパフォーマンスが向上しているほか、定義ファイル更新メカニズム改善によりネットワーク帯域の消費を抑えている。システムリソースの使用低減によるパフォーマンス向上も図られている。なお価格は、ダウンロード版が5775円、パッケージ版が6720円で、1ライセンスで3台のPCまでインストールすることができる。


出荷日・発売日 2006年10月30日 発売
価格 ダウンロード版:5775円/パッケージ版:6720円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

ゼロデイ・未知の攻撃から守る「新世代防御型」セキュリティ 【大興電子通信】 これだけ差がつくセキュリティ“侵入後”対策――被害最小化に不可欠な対応とは 【日立システムズ】 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する 【パロアルトネットワークス】 ランサムウェア対策ソフト 「AppCheck」 【JSecurity】 エンドポイントセキュリティに投資すべき理由、ウイルス対策ソフトとの違いとは 【日立システムズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
ゼロデイ・未知の攻撃から守る「新世代防御型」セキュリティ これだけ差がつくセキュリティ“侵入後”対策――被害最小化に不可欠な対応とは 新種の脅威を防ぐ機械学習、その機能は「3つの観点」で評価する ランサムウェア対策に特化し、未知のランサムウェアの攻撃からPCを防御するセキュリティソフトウェア。無料評価版ダウンロードにより試用もできる。 エンドポイントセキュリティに投資すべき理由、ウイルス対策ソフトとの違いとは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016141


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ