NTT Com、マッチオンカード方式の生体認証ソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT Com、マッチオンカード方式の生体認証ソリューションを提供


掲載日:2006/10/24


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社は、多目的ICカード「eLWISE」を利用した生体認証を可能とする共通プラットフォームを開発し、同プラットフォームを利用したセキュリティソリューションを、2007年1月より提供する。

 今回提供されるソリューションでは、ICカード内に共通プラットフォームを持つことで、複数の生体認証アプリケーションを1枚のICカードで利用可能となる。登録された生体情報を「eLWISE」内部に保存し、カードに搭載されたプロセッサ上で照合処理を行なうマッチオンカード方式を採用しており、生体情報は不正な改変を抑止するICカード内に格納され、システム管理が不要となる。

 「eLWISE」は1MBのメモリを備え、複数の生体認証アルゴリズムを搭載することができる。また共通プラットフォームは各種情報漏洩対策アプリケーションとの互換性に優れ、既存環境を利用して短時間で容易に導入することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? 【シマンテック】 クラウドサービスを安全に使うには? 生産性を落とさないシャドーIT対策の秘訣 【マクニカネットワークス】 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 【サイバネットシステム】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 クラウドによる業務効率化とコンプライアンスを両立する「CASB」活用法 【マクニカネットワークス】
認証 認証 認証 認証 認証
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは? クラウドサービスを安全に使うには? 生産性を落とさないシャドーIT対策の秘訣 「CASB」製品の導入選定時にチェックしたいポイントを徹底解説 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 クラウドによる業務効率化とコンプライアンスを両立する「CASB」活用法

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016137


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ