アダプテック、SAS/SATA混在構成可能なJBODエンクロージャ提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アダプテック、SAS/SATA混在構成可能なJBODエンクロージャ提供


掲載日:2006/10/20


News

 アダプテックジャパン株式会社は、映像系のストレージやトランザクション重視のアプリケーションに適したSAS(Serial Attached SCSI)/SATA(Serial ATA) JBODエンクロージャ「Adaptec SANbloc S50 JBOD」の提供を、開始した。

 「Adaptec SANbloc S50 JBOD」は、SAS/SATAドライブの混在構成が可能な、2U/12ドライブのソリューション。36GBから数TBまでのストレージ領域の構築/拡張を可能とし、ニーズに応じて低コストな6TBのSATAストレージや、3.6TBのSASストレージとして拡張することができる。Point-to-pointの接続が故障したドライブを隔離でき、信頼性と耐障害性に優れている。デュアルのSASホスト接続が最大毎秒各1200MBの転送が可能で、毎秒2400MBの帯域幅を提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016113


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ