NEC、サーバ/ストレージ搭載できる小型ラックサーバ製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、サーバ/ストレージ搭載できる小型ラックサーバ製品を出荷


掲載日:2006/10/20


News

 日本電気株式会社は、オフィスのデスクサイド設置に適した「Express5800/OfficeRackServer」を強化し、1TB HDD搭載のNAS製品「iStorage NS150h」と、Core DuoプロセッサとRAID機能を標準搭載した「Express5800/110Rb-1h」を、10月26日より順次出荷する。

 「iStorage NS150h」は、高さ1U/奥行き355mmに縮小されており、CPUには低消費電力型のCore Duoプロセッサを搭載している。OSにWindows Storage Server 2003 R2を搭載することで、CAL(クライアントアクセスライセンス)が無制限となり、ファイルサーバとしての導入コストを削減することができる。また、同じオフィスラック内に設置したサーバのバックアップ用ストレージとしても利用することができる。

 電源/LANポート/シリアルポート/モニタコネクタなど各種インターフェースをすべて前面に配置した完全フロントアクセスにより、壁際設置が可能となっている。今回出荷される製品により、サーバ/ストレージを1つのラック内に収納し、省スペースで静音性に優れたオールインワン型システムの構築が可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

オールフラッシュストレージ最新動向――SSDの課題は誤解? 性能評価のポイント 【伊藤忠テクノソリューションズ】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 SSDがオールフラッシュストレージのベストな選択といえるのか? 【日本アイ・ビー・エム】 ストレージの安定性能を引き出すカギ――SSDに特化したアーキテクチャの実態 【伊藤忠テクノソリューションズ】 Yahoo! JAPANの挑戦から学ぶ、大容量データの先進的なバックアップ手法 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
オールフラッシュストレージ最新動向 SSDの課題は誤解? 性能評価のポイント Webキャストで解説、SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュの実力を探る Webキャスト:SSDの限界点と、オールフラッシュストレージの真価の引き出し方 ストレージの安定性能を引き出すカギ――SSDに特化したアーキテクチャの実態 Yahoo! JAPANの挑戦から学ぶ、大容量データの先進的なバックアップ手法

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016101


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ