NEC、4Gbpsファイバチャネル採用のSAN対応ディスクアレイを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、4Gbpsファイバチャネル採用のSAN対応ディスクアレイを出荷


掲載日:2006/10/18


News

 日本電気株式会社は、SAN対応ディスクアレイ「iStorage S」シリーズのエントリ機「iStorage S550」とバックアップ/アーカイブ専用機「iStorage S1850AT」を、10月31日より出荷する。価格は、「S550」のベーシックパッケージ(デュアルコントローラ構成)が150万円から、「S1850AT」が170万円からとなっている。

 「S550」は、HDDを60台まで搭載でき、容量を21.1TBまで拡張できるディスクアレイ。「S1850AT」は、SATA(シリアルATA)ディスクを搭載し、最大88.0TBの容量を可能としている。両機種とも、サーバとの接続インターフェースに4Gbpsファイバチャネルを採用しているほか、「S1850AT」ではディスクアレイコントローラに搭載しているCPUが強化され、データ転送速度が向上している。

 また、「S1850AT」でサポートする筐体内レプリケーションソフト「SystemGlobe DynamicDataReplication Set」と筐体間レプリケーションソフト「SystemGlobe RemoteDataReplication」の価格体系は、容量を問わないライセンス方式のため、業務データ増加に伴うディスク増設時でもソフトウェアの追加コストが不要となる。なお、「S1850AT」用増設ディスクエンクロージャオプション(シリアルATAディスク15台搭載)の価格も約22%値下げされた。


出荷日・発売日 2006年10月31日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SAN」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SAN」関連情報をランダムに表示しています。

「SAN」関連の製品

Oracle DBユーザーが選ぶべき「次」の構成、エキスパートの提言 【東京エレクトロン デバイス+他】 フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド 【日本ヒューレット・パッカード】 「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ? 【日本ヒューレット・パッカード】
SAN SAN SAN
Oracle DBユーザーは「次」に何を選択すべきか。ライセンス問題が話題になるが、移行や大規模な改修は避けたいのが本音だ。解決策はDBの外にある。 フラッシュの6つの誤解を解消、最適なフラッシュ移行を実現する実践ガイド 「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ?

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20016061


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ