NTTソフトウェア、SAML2.0準拠のシングルサインオン製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、SAML2.0準拠のシングルサインオン製品を発売


掲載日:2006/10/12


News

 NTTソフトウェア株式会社は、異なる認証システムを連携するWebサービスにおいて、個々のWebサイトの認証を、アカウント情報の連携により1度の認証処理でアクセス可能としたシングルサインオン製品「TrustBind/Federation Manager」を、11月1日より発売する。

 「TrustBind/Federation Manager」は、セキュリティ標準仕様“SAML2.0”(Security Assertion Markup Language 2.0:インターネット上で個人認証や個人属性情報管理を実施するためのフレームワークを定める仕様)に準拠した国産のソフトウェア製品。同製品を導入したWebサイト間では、1度の認証手続きですべてのWebサイトにアクセス可能となる。

 ICカードや指紋認証など様々な認証方式に対応でき、既存システムの構成や機能に応じて、アダプタにより機能を追加/選択することができる。異なる認証方式を同時に適用し、Webサイトごとに認証レベルを切り替える運用も可能となっている。また、年齢や会員制サイトのポイント情報など、ユーザーの属性情報をサイト間で相互に交換することもできる。なお同製品は、その他システムと組み合わせたソリューションとして販売され、価格はCPUライセンス形式で200万円からとなっている。


出荷日・発売日 2006年11月1日 発売
価格 200万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 NeoFace Monitor 【NEC】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】
認証 認証 認証 認証 認証
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 革新者が語る 旧体制を破壊した顧客体験志向とデジタルの事例 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 知っていますか? 認証プロトコルの違い――4種類の特徴と用途

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015980


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ