インフォベック、会計監査視点で内部統制を支援する製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インフォベック、会計監査視点で内部統制を支援する製品を発売


掲載日:2006/10/12


News

 インフォベック株式会社は、会計監査視点から見たリスク統制項目を織り込んだプロセスフローチャート/リスクコントロールマトリックス/業務記述書の文書化テンプレート「GRANDIT 内部統制コンテンツ」を、発売する。価格は、1法人単位で280万円からとなっている。

 「GRANDIT 内部統制コンテンツ」は、ERPパッケージ「GRANDIT」の標準業務プロセスをフローチャート化し、会計監査視点から評価した約4000項目のリスクポイントと統制項目をベースにマッピングされている。プロセスフローチャートはVisio形式のファイルで提供される。導入企業はゼロからプロセスフローチャートを起こさずに、業務プロセスに合わせたフローに変更を行ない、リスクポイントと統制項目を逐次追加/編集することができる。

 プロセスフローチャートに変更修正などを加えた際に、プロセスフローチャートからリスクコントロールマトリックス/業務記述書を、それぞれExcel/Word形式のファイルへ自動生成する機能を備えている。これにより、ビジネスプロセスに変更が生じても、リスクコントロールマトリックスや業務記述書を合わせて修正することが不要となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 1法人単位:280万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

事例で見る、ERPの第三者保守への切り替えメリットとは? 【シーエーシー】 IFS Applications 製造業向けソリューション 【IFSジャパン】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 原価管理システム AMMIC/NetC 【電通国際情報サービス】 中堅・中小企業向け基幹業務ERP MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】
ERP ERP ERP ERP ERP
基幹系システムの保守は欠かせないものだが、コストは頭の痛い問題だ。ベンダー以外の事業者による「第三者保守」の可能性を、ユーザー企業の事例から探りたい。 各種製造業(組立型/プロセス型)やエンジニアリング業向けERP。様々な生産方式、複数拠点管理、多言語に対応。プロジェクト管理も充実。随時拡張可能なコンポーネント型。 会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 標準原価、実際原価など、製造業に不可欠な6種の原価管理機能を搭載したERPパッケージ。予算原価シミュレーション、発生要因別の原価差異分析など、様々な原価分析に対応。 強力な管理会計機能を備えたERPパッケージ。
業務効率の更なる向上と知的生産の向上に寄与する仕組みを搭載。
シリーズとしての機能を継承しつつ約200の機能アップを実現。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015975


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ