セキュアブレイン、フィッシング詐欺対策ソリューション新版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セキュアブレイン、フィッシング詐欺対策ソリューション新版発売


掲載日:2006/10/05


News

 株式会社セキュアブレインは、フィッシング詐欺対策ソリューションの新版「PhishWall Ver.2.0」を、発売した。

 「PhishWall」は、Webサーバ側に導入する「PhishWallサーバ」と、クライアントPC側に導入する「PhishWallクライアント」で構成されるソリューション。今回の新版では“PhishWall EX認証”が追加されており、Webサイト接続時に「PhishWallクライアント」がHTTP/HTTPSプロトコルでWebサーバへの認証を行なう。認証情報(認証用のファイルセット)はあらかじめWebサーバに登録しておき、Webページの閲覧ごとにクライアントがランダムに要求した認証ファイルをダウンロードし、認証情報の正当性を確認できた場合のみ真正なWebサイトであると認証することができる。新規専用サーバの構築は不要で、コストを抑えることができる。


出荷日・発売日 2006年10月4日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

内部ユーザー/アプリさえも信頼しない、ゼロトラストで構築するクラウド防御線 【アカマイ・テクノロジーズ】 既存のリモートアクセスモデルではデジタル時代に対応しきれない3つの理由 【アカマイ・テクノロジーズ】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 AXIOLE 【ネットスプリング】 狙われ始めた「再帰DNS」 標的型攻撃から保護の効果的な導入法は? 【アカマイ・テクノロジーズ】
認証 認証 認証 認証 認証
内部ユーザー/アプリさえも信頼しない、ゼロトラストで構築するクラウド防御線 既存のリモートアクセスモデルではデジタル時代に対応しきれない3つの理由 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 狙われ始めた「再帰DNS」 標的型攻撃から保護の効果的な導入法は?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015904


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ