東京エレクトロンデバイス、透過的データ圧縮アプライアンス発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東京エレクトロンデバイス、透過的データ圧縮アプライアンス発売


掲載日:2006/10/04


News

 東京エレクトロンデバイス株式会社は、米Storewiz,Inc.のリアルタイムデータ圧縮アプライアンス「STN-5000」を、発売した。価格は、最小構成で550万円からとなっている。

 「STN-5000」は、リアルタイムにデータを圧縮でき、ユーザー/アプリケーション/DB/ストレージ/ネットワーク環境に対して透過的なアプライアンス。導入によるワークフローの変更や、ソフトウェアエージェント/ドライバのインストール、機器の設定変更は不要となっている。高圧縮効率と低レイテンシを可能とするStorewizのオンザフライロスレス圧縮/伸長技術や、ランダムアクセスをサポートするバイトストリングレベル圧縮技術を採用している。

 ファイルのメタデータは完全な形で保持され、アプリケーションへの影響を抑えているほか、特定のNASストレージシステムの構成に依存せず、様々なNASと接続することができる。またオプションとして、導入効果(予想圧縮率)測定ツール「PrediSave Utility」や、導入時用既存データ圧縮ツール「Compression Accelerator Utility」、非常時用データ伸長ツール「Revert Utility」が用意されている。


出荷日・発売日 2006年10月3日 発売
価格 最小構成:550万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ、選定ポイントは 【日本アイ・ビー・エム】 「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは 【日本アイ・ビー・エム】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能 【日商エレクトロニクス】
NAS NAS NAS NAS NAS
データ活用が進むほど重要度が高まるストレージ その理由と製品選定のポイント データを真に利活用する「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ スバル「アイサイト」開発に不可欠な走行データを管理するストレージとは SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015895


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ