NTT-AT、無線で間欠/連続の電力量をモニタリングできる製品発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT-AT、無線で間欠/連続の電力量をモニタリングできる製品発売


掲載日:2006/10/04


News

 NTTアドバンステクノロジ株式会社は、交流電圧センサPT(Potential Transformer)と電流センサCT(Current Transformer)を接続して使用電圧/電流を測定し、消費電力を間欠モニタリングできる「無線マルチ電力量モニタSTD」と、同モニタに接続し、連続で消費電力量をセンシングできる「小型電力量センサモジュール」を、発売した。

 「無線マルチ電力量モニタSTD」は、PT/CTを使用して間欠に電力を測定し、無線でデータをホストコンピュータへ送信してアプリケーションで概算電力量を算出するモニタリングシステム。アプリケーションでは、測定個所ごとに間欠測定電力をプロットして簡易消費電力推移を表示する。前日と今日、前月と今月、前年と今年の電力比較表示や、各測定個所電力の和/差の表示が可能で、簡易省電力対策用モニタとして容易に使用することができる。また、オプションの温度センサや湿度センサを取り付け、室内や屋外の温度/湿度を測定して消費電力との相対関係を表示することもできる。

 「小型電力量センサモジュール」は、±2.5%FSの精度で最大500Aまでの測定が可能となっている。50A/100A/250A/500Aに対応した4つの製品が用意されており、単相2線式/単相3線式/三相3線式に対応している。なお価格は、「無線マルチ電力量モニタSTD」1式が26万8000円、「小型電力量センサモジュール」(SN-KM20)が1個3万5800円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 2006年10月2日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015881


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ