ソニー、約8MbpsのIP接続対応のビデオ会議システムなどを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソニー、約8MbpsのIP接続対応のビデオ会議システムなどを発売


掲載日:2006/09/29


News

 ソニーマーケティング株式会社は、最大約8MbpsのIPネットワーク環境でHD(ハイディフィニション)映像の双方向通信が可能なHDビデオ会議システム「PCS-HG90」と、HD対応3CCDを搭載した専用HDカメラユニット「PCSA-CHG90」を、10月1日より発売する。

 「PCS-HG90」は、通信帯域が512kbpsから8192kbpsまでのIP接続に対応したビデオ会議システム。画像符号化方式“H.264”を採用し、低帯域の通信でも優れた映像での通信が可能となっている。画像圧縮フォーマットは、1280×720/30P(4096kbps以下)と1280×720/60Pに対応し、最大毎秒60フレームの映像を送信することができる。音声符号化方式に“MPEG-4 AAC”を採用しており、22kHz(MIC)/44kHz(AUX)の広帯域化やステレオ音声/ステレオエコーキャンセラー機能により、音質に優れている。

 映像信号の入出力は、デジタル(HD-SDI)/アナログコンポーネント(YPbPr)のHD(1080i/720p)に対応しているほか、音声信号の入出力にはXLR端子を装備し放送業務用機器などとの画質/音質に優れたシステムを構築することができる。PCの画面データ(XGAのみ対応)を解像度を保ったまま毎秒30または60フレームで送信することができる。最大4地点の多地点会議機能(内部MCU)を標準搭載し、単画面表示の音声検知モード(送信元自動切換)と放送モード(送信元固定)に対応している。

 「PCSA-CHG90」は、総画素数112万画素、1/3型HD対応3CCDを採用したカメラユニット。色収差を低減し周辺解像度に優れた口径72mmのカールツァイス「バリオ・ゾナーT*」レンズを採用している。ズームは光学12倍/デジタル4倍が可能で、パンは水平±170度/垂直+90度〜−25度をカバーしている。同製品と「PCS-HG90」を接続する映像ケーブル/制御ケーブルは100mまでの配線距離を取れるため、利用環境に応じて天井吊り下げ設置なども可能となっている。なお価格は、「PCS-HG90」が360万円、「PCSA-CHG90」が100万円となっている。


出荷日・発売日 2006年10月1日 発売
価格 「PCS-HG90」:360万円/「PCSA-CHG90」:100万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テレビ会議/ビデオ会議」関連情報をランダムに表示しています。

「テレビ会議/ビデオ会議」関連の製品

テレビ会議システム EVCシリーズ 【アバー・インフォメーション】 ビデオ・Web会議用カメラシステム VC520 ミーティングカメラPro 【アバー・インフォメーション】 マネージド・コラボレーションサービス COLLABO de! World 【IIJグローバルソリューションズ】 テレビ会議システム V-CUBE Box 【ブイキューブ】 クラウド型テレビ会議の賢い選び方ガイド 【VTVジャパン】
テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議 テレビ会議/ビデオ会議
ハイコストパフォーマンス、高画質を特長とするテレビ会議ソリューション。単拠点モデル、多拠点モデルを展開。H.323、SIPプロトコルに準拠。 USB接続だけですぐに使えるビデオ会議用カメラシステム。12倍光学ズームPTZカメラ、フルHD1080p出力解像度、エコーキャンセラースピーカーフォンで高画質・高音質を実現。 Skype for Businessのユーザーは、端末側の設定変更や専用ソフトウェアを追加することなく、COLLABO de! Worldのビデオ会議に参加することが可能。 リモコンで操作ができる会議室設置型のテレビ会議システム。低コストながら高画質・高音質を実現しているため、既存テレビ会議システムのリプレースや拡張にも適している。 4つの課題・ニーズ別にクラウド型テレビ会議の選び方をガイド!

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015834


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > テレビ会議/ビデオ会議 > テレビ会議/ビデオ会議のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ