ユニアデックス、迷惑メールフィルタリングサービスをASPで提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニアデックス、迷惑メールフィルタリングサービスをASPで提供


掲載日:2006/09/29


News

 ユニアデックス株式会社は、迷惑メールを自動判定しユーザーが拒絶設定可能な「迷惑メールフィルタリングサービス」を、ASPサービスとして提供を開始した。また、同サービスを含め、既に提供中のメールセキュリティ商品をパッケージした「メールセキュリティーパック」の提供も、開始した。

 「迷惑メールフィルタリングサービス」は、メール発信元のIPアドレス情報で迷惑メールを判定できる米IronPort Systemsのシステムを採用したサービス。同システムは、インターネット上の2000万以上のIPアドレスをモニタリングし、メールトラフィックの25%をサンプリングして収集したDBを元にしており、導入初期から判定精度に優れたフィルタリングが可能となる。ASPのため、ソフトウェアやハードウェアを購入せず早期に導入でき、個々のメール利用環境に応じた柔軟な対応が可能となっている。

 IPアドレスレベルで判定する“レピュテーションフィルタリング”に加え、ユーザー環境に合わせた任意の設定が可能なホワイトリスト/ブラックリストによるフィルタリング、メール内容で判定するコンテンツフィルタリングの3段階の技術を利用することができる。システム管理者がドメイン単位でフィルタリングポリシーを一括設定できるため、個々のメール利用者に依存しない統一されたポリシー運用が可能となる。また、迷惑メールと判定されたメール受信履歴がログ形式で提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「フィルタリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「フィルタリング」関連情報をランダムに表示しています。

「フィルタリング」関連の製品

感染端末の見逃しは本当にないのか? 「インシデント終息」を証明する方法 【トレンドマイクロ株式会社】 ネットワーク可視化で“安心感”を――川口信用金庫に学ぶ侵入前提の脅威対策 【トレンドマイクロ】 セキュリティ調査で見えた、サイバーレジリエンスが高い企業と低い企業の差 【日本アイ・ビー・エム】 クラウド型Webフィルタリングサービス InterSafe CATS 【アルプス システム インテグレーション】 Webフィルタリングソフト InterSafe WebFilter 【アルプス システム インテグレーション】
フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング フィルタリング
感染端末の見逃しは本当にないのか? 「インシデント終息」を証明する方法 ネットワーク可視化で“安心感”を――川口信用金庫に学ぶ侵入前提の脅威対策 セキュリティ調査で見えた、サイバーレジリエンスが高い企業と低い企業の差 クラウド型だから、初期投資が不要で運用管理もラク
マルチデバイスにWebフィルタリングをかけ、不要or危険サイトへのアクセスを制限し、ウイルス感染や情報漏えいを防止
Webの閲覧やSNS、Webメール等の利用を規制・管理するソフトウェア。携帯キャリア独占の高品質データベースと使いやすさにこだわったログ分析機能を搭載。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015831


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > フィルタリング > フィルタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ