日商エレ、高輝度/高画質な2D/3D映像の裸眼立体視モニタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日商エレ、高輝度/高画質な2D/3D映像の裸眼立体視モニタを発売


掲載日:2006/09/25


News

 日商エレクトロニクス株式会社は、蘭ロイヤルフィリップスエレクトロニクスの、輝度/画質に優れた3D映像を表示できる裸眼立体視モニタ「3D Intelligent Display Solution」を、発売した。価格は、210万円からとなっている。

 「3D Intelligent Display Solution」は、メガネなどの特殊な装備なしで立体的な映像を表示する、42インチの裸眼立体視モニタ。2D動画の表示にも対応したレンチキュラースクリーンを採用し、輝度460cd/cm2、解像度1920×1080ドットでの3D映像を表示することができる。また、同社の画像生成用プロセッサ“IC3D”の採用により、自動的に視点分の画像を生成でき、PC側に負荷をかけずに立体映像を表示することができる。

 CGコンテンツ作成者やゲーム開発者が容易に3D映像を表示するための環境を提供しており、ユーザーは2D映像とデプスマップ映像を入力することで3D映像を作成することができる。CG作成ツール「3dsMAX」のプラグインに標準対応しており、オプションでOpenGLのAPIも用意されている。作成した立体コンテンツをWeb上でリスト表示させるためのソフトウェア「Media Sequencer」がオプションで用意され、コンテンツ配信ソフトウェアを組み合わせることで、3D映像のネットワーク配信システムを構築することもできる。


出荷日・発売日 2006年9月21日 発売
価格 210万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015773


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ