提携:CTCなど、仮想化技術利用のITインフラフレームワーク発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:CTCなど、仮想化技術利用のITインフラフレームワーク発売


掲載日:2006/09/15


News

 伊藤忠テクノサイエンス株式会社(CTC)と、日本オラクル株式会社、日本ネットワーク・アプライアンス株式会社(ネットアップ)は、オラクルとネットアップの仮想化技術を利用したITインフラフレームワーク「Mw Pool」を共同開発し、CTCの高付加価値ソリューション群「Verified Selections」の1つとして10月初旬より発売する。

 「Mw Pool」は、企業内やデータセンターに混在する異なるベンダー/OSのDBシステムからアプリケーションサーバまで、短期間で統合するための仮想統合サービスプログラム。「Oracle Fusion Middleware」と「NetApp FAS」シリーズを利用しており、ITインフラ構築のためのガイドラインや構築手順、パラメータ値、プロジェクト管理手順といったノウハウを体系化したドキュメントと、システム設計から開発/導入/運用サービスにいたる各種サービスで構成されている。


出荷日・発売日 2006年10月上旬 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Webアプリケーションサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webアプリケーションサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015692


IT・IT製品TOP > サーバー > Webアプリケーションサーバ > WebアプリケーションサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ