東芝ソリューション等、サーバリソース最適化ソリューション発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝ソリューション等、サーバリソース最適化ソリューション発売


掲載日:2006/09/14


News

 東芝ソリューション株式会社と日本アイ・ビー・エム株式会社は、仮想化技術とオートノミックコンピューティング技術を利用し、サーバリソースを最適化するクラスタソリューションの受注を、開始した。

 今回発売されるソリューションでは、東芝ソリューションの統合クラスタソフトウェアの新バージョン「DNCWARE ClusterPerfect EX V9」と、日本IBMのワークロード管理ソフトウェア「IBM Virtualization Engine Enterprise Workload Manager V2.1」(EWLM)を連携させることで、アプリケーションの応答時間に応じてサーバとアプリケーションの数を最適化することができる。

 「EWLM」が、アプリケーションの応答時間を測定する標準規約“ARM”(Application Response Measurement)に対応したアプリケーションを監視し、アプリケーションの負荷状況を「ClusterPerfect EX」に送信する。「ClusterPerfect EX」は、応答時間が悪化しているアプリケーションがある際に、新たにサーバとアプリケーションを起動し、システムとしての処理能力を向上し応答時間を改善する。

 また、IBMのオートノミックコンピューティング技術である問題判別技術の実装で、システム障害時の迅速な対応を可能としている。「ClusterPerfect EX」はログ情報を標準化された形式“CBE”(Common Base Event)で蓄積し、障害発生時にはIBMの自己修復機能を提供するソフトウェア「IBM Build to Manage Toolkit for Problem Determination」が、各障害症状の定義と対応方法を記述したシンプトン(症状)DBとCBEに対応した製品群のログ情報を連携させ、問題解決のヒントを提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015662


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ