CTCSP、Windows Server 2003 x64対応のデータ複製ソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CTCSP、Windows Server 2003 x64対応のデータ複製ソフトを出荷


掲載日:2006/09/12


News

 シーティーシー・エスピー株式会社は、データ複製ソフトウェア「Double-Take」のWindows Server 2003 x64 Editions対応バージョン「Double-Take x64版」を、9月13日より出荷する。価格は、48万円となっている。

 「Double-Take」は、米Double-Take Softwareが開発した、Windowsサーバ上で運用されているファイル/DB/メールサーバなどのデータの可用性を向上するためのソフトウェア。今回の対応により、既にx64を導入している企業や今後導入を見込む企業でも「Double-Take」によるデータレプリケーション環境の構築が可能となった。中/大規模の基幹系の2重化や、サーバ統合に伴うデータ保全環境の統合、広域のデザスタリカバリ対策などにおいて、高速化されたデータバックアップと、可用性/拡張性を備えたデータレプリケーション環境への移行が可能となる。


出荷日・発売日 2006年9月13日 出荷
価格 48万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】 統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方 【Veeam Software Japan 株式会社】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。 データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015621


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ