図研ネットウエイブ、アンチウイルス処理を高速化する製品を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


図研ネットウエイブ、アンチウイルス処理を高速化する製品を出荷


掲載日:2006/09/08


News

 図研ネットウエイブ株式会社は、WirelessEdge Canada,Inc.のコンテンツセキュリティアプライアンス「WirelessEdge BeSecure」を、10月より出荷する。価格は、380万円からとなっている。

 「WirelessEdge BeSecure」では、コンテンツ処理におけるスループット特異点を回避し、検査結果を一定時間ネットワーク上で共有することで処理を高速化する“Subsonic技術”により、1度実施したアンチウイルス検査結果情報をネットワーク上で共有でき、毎回の検査が不要となる。これにより、アンチウイルス処理の高速化や、ネットワークベースのコンテンツ全般を対象とした処理の高速化を可能としている。

 アンチウイルスに加え、アンチスパムやURLブロッキング、キーワードブロッキング、ポリシー適用時間制御、管理/レポート機能なども提供される。ウイルスシグネチャーDBはKasperskyを採用し、本体単位での定額ライセンス提供とし、最短で1時間に1回の更新を行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 380万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

未知のマルウェアや脆弱性を使った攻撃を未然に防ぐ「3つの防御アプローチ」 【日立ソリューションズ】 Symantec Endpoint Protection Small Business Edition 2013 【ソフトバンク コマース&サービス】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 セキュリティ担当者なら誰もが悩む「3つの課題」の対処法とは? 専門家が議論 【シマンテック】 未知のマルウェアを高精度で検出、新しいアプローチによるエンドポイント対策 【日立ソリューションズ】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
未知のマルウェアや脆弱性を使った攻撃を未然に防ぐ「3つの防御アプローチ」 クラウド型の管理機能によって、全てのデスクトップ、ノートパソコン、サーバに必要な保護を容易に導入・運用可能なエンドポイントセキュリティ。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 インシデントにどう対処するか。社内の理解をどう得るべきか――。専門家のディスカッションを基に、セキュリティ担当者が抱く課題の解決策を探る。 未知のマルウェアを高精度で検出、新しいアプローチによるエンドポイント対策

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015593


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ