日本HP、デュアルコアItanium 2プロセッサ搭載のサーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、デュアルコアItanium 2プロセッサ搭載のサーバを発売


掲載日:2006/09/08


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、デュアルコアItanium 2プロセッサ9000番台を搭載した「HP Integrityサーバ」シリーズ7機種を、発売した。

 今回発売されたのは、ハイエンドサーバ「HP Superdome」と、従来の「rx8640/rx7640/rx4640/rx2620」に同プロセッサを搭載した製品、エントリレベルサーバ「HP Integrity rx3600/rx6600」の計7機種。従来のシングルコアItanium 2プロセッサ搭載モデルに比べパフォーマンスや電力効率が向上し、デュアルコア化によりプロセッサの拡張性も向上している。プロセッサコアあたりの価格が抑えられており、ISV(独立系ソフトウェア会社)アプリケーションのライセンスはシングルコア/デュアルコアで同一費用のものが多いため、コアあたりのライセンス費用も低減することができる。

 「rx6600/rx3600」は、処理性能を向上したエントリレベルサーバ用チップセット「HP zx2」を採用している。同チップセットにより、2つのメモリチップに障害が発生してもシステムが停止しないメモリのダブルチップスペアリングや、メモリ障害によるシステムへの影響を回避するアドレスラインとコントロールラインのパリティチェック、PCIバスのECC(誤り訂正符号)保護などの機能を備え、システム単体での可用性を強化している。

 また、遠隔地のキーボード/マウスから監視対象のサーバを操作できる“vKVM”(バーチャルKVM)や、遠隔地にあるCDなどのメディアを監視対象のサーバに接続されたドライブとして利用できる“vMedia”(バーチャルメディア)の機能を強化したリモート管理機能“iLO2”(Integrated Lights Out2)を搭載している。


出荷日・発売日 2006年9月7日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「UNIXサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UNIXサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015588


IT・IT製品TOP > サーバー > UNIXサーバ > UNIXサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ