日本オラクル、経営者向け意思決定支援ソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、経営者向け意思決定支援ソリューションを発売


掲載日:2006/09/07


News

 日本オラクル株式会社は、同社の企業向け検索ツール「Oracle Secure Enterprise Search 10g」と分析ツール「Oracle Business Intelligence 10g」を活用した経営者向け意思決定支援ソリューション「Enterprise Materialized Information Solution」(EMI Solution)を、発売した。

 「Oracle Secure Enterprise Search 10g」では、社内外のWebサイトやDB、ファイルサーバ、ドキュメントレポジトリ、エンタープライズコンテンツ管理システム、アプリケーション、ポータルに保存されているパブリック/プライベート/共有のコンテンツのインデックス付けとキーワード1つによる統合検索を行なうことができる。「Oracle Business Intelligence 10g」では、アドホック検索/レポーティング/分析のための機能や、ETL(データの実行/変換/ロード)の機能、BIアプリケーションの開発の機能などが包括的なパッケージとして提供される。

 今回発売された「EMI Solution」では、「Oracle Secure Enterprise Search 10g」と「Oracle Business Intelligence 10g」を活用し、社内に散在するデータを可視化することで、意思決定の迅速化をサポートすることができる。経営情報を多角的に分析できるほか、経営層が必要とする様々な業績管理指標やビジネスレポートをタイムリかつ即座に見つけ出せる環境を構築することもできる。現場担当者も「Oracle Secure Enterprise Search 10g」に簡単なキーワードを入力することで、売上情報や顧客情報などを容易かつ統合的に入手することができる。また、同ソリューションの迅速な導入を可能にするスターター向け推奨パッケージも提供される。


出荷日・発売日 2006年9月6日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

情報活用ダッシュボード 「MotionBoard」 【ウイングアーク1st】 ビジネスの決断を導く、説得力が増すデータ分析結果の伝え方 【Tableau Japan】 脱Excelの大本命 急成長の「セルフサービスBI」が選ばれる理由とは(Actionista!) 【ジャストシステム】 BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法 【Tableau Japan】 Excelをドラッグ&ドロップで分析を開始できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】
BI BI BI BI BI
複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 ビジネスの決断を導く、説得力が増すデータ分析結果の伝え方 脱Excelの大本命 急成長の「セルフサービスBI」が選ばれる理由とは BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法 専用クライアント不要。ブラウザベースで「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015570


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ