先端技術研究所、IPアドレス管理/エンドポイント検疫製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


先端技術研究所、IPアドレス管理/エンドポイント検疫製品を発売


掲載日:2006/09/07


News

 有限会社先端技術研究所は、米MetaInfoの仮想アプライアンスソフトウェア製品「Virtual Appliance」を、発売した。価格は、80万円となっている。

 「Virtual Appliance」は、MetaInfoのハードウェアアプライアンス製品の機能を、ソフトウェアとして提供する製品。IPアドレス管理ソフトウェア製品「Meta IP」や、IPアドレス発行前にクライアントの査定を行なう「SAFE DHCP」、Debian OS、Apache Webサーバが統合されており、Windows/Solaris/Red Hat/Debian/SUSE/Ubuntuなどの標準x86プラットフォームのVMWare上で動作する。アプライアンスとしてあらかじめ、MetaInfoアプリケーションとDebian OS、Apache Webサーバのすべての設定が行なわれているため、ユーザーは迅速にネットワークサービスを開始することができる。


出荷日・発売日 発売済
価格 80万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

Symantec Web Security Service 【シマンテック】 他業界も参照すべき医療機関へのサイバー攻撃動向――2つの脅威分析モデルとは 【シマンテック】 狙われ始めたファームウェアをどう守る? 次世代サーバセキュリティの重要事項 【日本ヒューレット・パッカード】 2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? 【シンガポールテレコム・ジャパン】 サイバー攻撃の60%超で悪用されるWebブラウザは「マイクロ仮想化」で守る 【日本HP】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
敵を知り、攻撃を防ぐ。変異・脅威を高めるマルウェアの手口と具体的防御策。 他業界も参照すべき医療機関へのサイバー攻撃動向――2つの脅威分析モデルとは 狙われ始めたファームウェアをどう守る? 次世代サーバセキュリティの重要事項 2016年セキュリティ調査:データ侵害事件で使われた代表的な攻撃手法は? サイバー攻撃の60%超で悪用されるWebブラウザは「マイクロ仮想化」で守る

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015565


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ