先端技術研究所、IPアドレス管理/エンドポイント検疫製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


先端技術研究所、IPアドレス管理/エンドポイント検疫製品を発売


掲載日:2006/09/07


News

 有限会社先端技術研究所は、米MetaInfoの仮想アプライアンスソフトウェア製品「Virtual Appliance」を、発売した。価格は、80万円となっている。

 「Virtual Appliance」は、MetaInfoのハードウェアアプライアンス製品の機能を、ソフトウェアとして提供する製品。IPアドレス管理ソフトウェア製品「Meta IP」や、IPアドレス発行前にクライアントの査定を行なう「SAFE DHCP」、Debian OS、Apache Webサーバが統合されており、Windows/Solaris/Red Hat/Debian/SUSE/Ubuntuなどの標準x86プラットフォームのVMWare上で動作する。アプライアンスとしてあらかじめ、MetaInfoアプリケーションとDebian OS、Apache Webサーバのすべての設定が行なわれているため、ユーザーは迅速にネットワークサービスを開始することができる。


出荷日・発売日 発売済
価格 80万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 AWSにおけるセキュリティ対策の常識――システム移行時に検討すべき3つの要素 【トレンドマイクロ】 セキュリティ投資の無駄はどこにある? 暗号化とデータ保護のトレンドを解説 【タレスジャパン】 調査データで見る、官公庁・自治体のセキュリティ対策と法規制対応の実態 【トレンドマイクロ】 気になる他社のセキュリティ対策、クラウド・仮想環境を改善した39事例を紹介 【トレンドマイクロ】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 AWSにおけるセキュリティ対策の常識――システム移行時に検討すべき3つの要素 セキュリティ投資の無駄はどこにある? 暗号化とデータ保護のトレンドを解説 調査データで見る、官公庁・自治体のセキュリティ対策と法規制対応の実態 気になる他社のセキュリティ対策、クラウド・仮想環境を改善した39事例を紹介

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015565


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ