ボーランド、Visual Studio 2005対応の要件管理ツールなどを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ボーランド、Visual Studio 2005対応の要件管理ツールなどを出荷


掲載日:2006/09/06


News

 ボーランド株式会社は、Visual Studio 2005環境と統合した要件管理ツールの新製品「Borland CaliberRM for Visual Studio Team System日本語版」(CaliberRM for VSTS)と、UMLモデリングツールの新バージョン「Borland Together 2006 forVisual Studio日本語版」(Together for VS)を、9月6日より順次出荷する。

 「CaliberRM for VSTS」は、開発プロジェクトにおける要件を一元管理するためのツール。開発チームは、Visual Studio 2005 Team System環境内で、要件の収集/追跡/管理を行なうことができる。また、開発/運用段階で発生した変更対象要件と、関連する他の要件への影響範囲を短時間で特定できるため、変更管理を安全/効率的に行なうことができる。

 「Together for VS」は、OMG(Object Management Group)の最新仕様を実装したモデリングツールで、.NETアプリケーション開発における分析/設計/実装を支援する。開発者は、Visual Studio 2005 Professional Edition環境で、UML 2.0モデリング開発を行なうことができる。“Borland LiveSource”テクノロジーにより、C#やVisual Basic .NETコードとUMLモデル図をリアルタイムで同期できるほか、Java開発用のモデリングツール、Borland Together 2006 for Eclipseで設計した抽象モデルをC#やVisual Basic .NETの実装モデルとして利用することもできる。なお価格は、1指名ユーザーライセンスで、「CaliberRM for VSTS」が33万6000円から、「Together for VS」が18万9000円から(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

UnitBase 【ジャストシステム】 定額制システム開発 システム39(システムサンキュー) 【ソフトバンク コマース&サービス】 業務システム開発の部品組み立て型開発基盤 「楽々Framework3」 【住友電工情報システム】 時間も費用もかかるシステム化を内製で解決、高速開発ツール活用・8つの事例 【ファイルメーカー】 ALMソリューション 【キヤノンITソリューションズ】
開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール 開発ツール
脱Excelの選択肢、専用パッケージと汎用DBツールのどちらがベスト? サイボウズのkintoneを使って、企業の求める業務システムを「39万円」(税別)の定額で開発するサービス。 データ中心設計(DOA)による徹底した標準化により、開発、保守工程の生産性向上を支援する部品組み立て型の開発基盤。小規模開発から大規模基幹システムまで幅広く対応。 なぜこの会社は業務のシステム化を内製できるのか? 8社事例で知る課題解決術 要件管理から構成・変更管理、テスト管理、プロジェクト管理まで、アプリケーション・ライフサイクルを総合的にサポートするソリューション。(ALMソリューション)

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015547


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ