ラティス、XVLを一括/自動処理するためのソフトウェアを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ラティス、XVLを一括/自動処理するためのソフトウェアを出荷


掲載日:2006/08/31


News

 ラティス・テクノロジー株式会社は、XVL(同社が提唱するXMLベースの3次元表現形式)を一括/自動処理するためのソフトウェアで、XVLによる軽量化と合わせてデータサイズを約99.7%削減できる“概略化”機能などを搭載した「XVL System Toolkit」を、9月上旬より出荷する。

 「XVL System Toolkit」は、XVLファイルの処理機能をコマンドラインプログラムとして提供することで処理の自動化/高速化を図る製品。大量の3次元データをサーバサイドで処理するシステムの構築などに利用することができる。XVLのデータサイズを削減するツールと、XVLファイルのマージ/分解などの加工を行なうツール、部品属性の一括取得/変更などの機能を提供するツールの3つのプログラムで構成されている。

 “概略化”は、3次元モデルの一部除去や変形によりデータサイズを削減する機能。営業やマーケティングなど外形形状のみが必要な場合に3次元形状の内側の面を除去することなどが可能となっている。これにより、ファイルサイズの削減に加え、3次元モデルの内部構造を秘匿することで流出による機密漏洩を防ぐことができる。なお価格は、1ライセンスあたり315万円(税込)となっている。


出荷日・発売日 2006年9月上旬 出荷
価格 1ライセンスあたり315万円(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015483


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ