東芝、“U3プラットフォーム”対応のUSBメモリ新製品などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、“U3プラットフォーム”対応のUSBメモリ新製品などを発売


掲載日:2006/08/31


News

 株式会社東芝は、USBフラッシュメモリ「TransMemory」で、PCの使用環境を持ち運べる“U3プラットフォーム”に対応した容量512MBから4GBの4品種を、11月下旬より発売する。また、データ保存専用の16GB製品を、12月下旬より同社Webサイト“Shop1048”で発売する。

 今回発売される「TransMemory」の512MB/1GB/2GB/4GBのモデルは、アプリケーションや個人設定をセキュリティ機能とともに格納する規格“U3プラットフォーム”に対応したUSBフラッシュメモリ。PCのUSBスロットに装着することで、PCにデータを残さずにメールソフトなどの使用環境を持ち運ぶことができる。アプリケーションの一覧を自動表示するソフト「U3 Launchpad」とパスワード管理用ソフト「U-Safe」を内蔵しているほか、「U3 Launchpad」からU3サイトに接続して対応アプリケーションを購入することもできる。データ保存専用の16GBモデルでは、同社カード製品情報サイト“Pocket Media”から専用ソフトを導入することで、パスワード管理が可能となる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015473


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > メモリ > メモリのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ