Fiorano Software、SOAプラットフォームの新バージョンを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Fiorano Software、SOAプラットフォームの新バージョンを発売


掲載日:2006/08/31


News

 Fiorano Software,Inc.は、SOA(サービス指向アーキテクチャ)プラットフォームの新バージョン「Fiorano SOA 2006プラットフォームサービスパック2」を、発売した。価格は、1CPU対応の基本セットで、年間保守料金を含み613万円となっている。

 「Fiorano SOA 2006プラットフォーム」は、SOAソリューションを容易/迅速に構築するための包括的な機能とサポートを備えた製品。エンタープライズサービスバス「Fiorano ESB」や、「Fiorano ESB」上でBPEL(Business Process Execution Language)フローを実行するための「Fiorano BPELエンジン」、サービスコンポーネントアーキテクチャに基づいたBPEL構築ツール「Fiorano BPELエディタ」などのコンポーネントから構成され、各コンポーネント製品はそれぞれ単独でも利用することができる。

 今回の新バージョンでは、処理性能の向上やエラー処理の拡張、メモリ使用量の削減、ビジネスプロセスの管理の容易化、Webサービスのテスティング/管理機能の拡張などが行なわれている。また、ネイティブな.NETランタイムクライアントをサポートしており、.NET APIによるサービスコンポーネントの開発が可能となった。同製品では従来から、分散されているアプリケーションを連携するSOAの構築に、複数の言語で開発されたサービスコンポーネントを混在できるため、今回の.NETランタイムのサポートにより、VBやVC++などWindows環境で標準となっている言語でサービスコンポーネントを開発し、JavaやCなどの言語によるコンポーネントと連携させることができる。


出荷日・発売日 発売済
価格 基本セット:613万円(1CPU対応/年間保守料金込み)

関連キーワード

「Fiorano Software」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「SOA」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SOA」関連情報をランダムに表示しています。

「SOA」関連の製品

Enterprise Imaging Platform 【キヤノンITソリューションズ】
SOA
社内で利用されている基幹系・情報系等の各種システムとMFPやスキャナなどのイメージデバイスを連携し、複雑な業務プロセスを効率化するSOAベースの開発プラットフォーム。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015471


IT・IT製品TOP > 情報システム > SOA > SOAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ