アライドテレシス、スイッチのファームウェア新版で認証など強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アライドテレシス、スイッチのファームウェア新版で認証など強化


掲載日:2006/08/30


News

 アライドテレシス株式会社は、レイヤー2plusファーストイーサネットインテリジェントスイッチ「CentreCOM 8300/8400」シリーズのファームウェアをバージョンアップし、認証/管理/冗長機能などを強化した。同社Webサイトでダウンロードを開始したほか、搭載製品を10月初旬より順次出荷する。

 今回のファームウェア「V.2.7.3」では、認証方式に従来のMD5(ハッシュ関数)/OTP(One Time Password)に加えTLS(暗号化送受信プロトコル)をサポートした。MACアドレスベース認証にも対応し、IEEE802.1x非対応の機器の接続などに利用することができる。また、RADIUSサーバから受け取った認証情報に基づいてポートの所属VLAN(Virtual LAN)を変更する“ダイナミックVLAN”に対応したほか、Multiple Authenticationの認証端末数の最大値がポートあたり320、装置あたり480に増加した。

 管理機能では、“SNMP(Simple Network Management Protocol)v3”機能を追加し、認証やパケット暗号化などによりネットワーク管理のセキュリティ機能を強化した。スイッチング機能ではLACP(Link Aggregation Control Protocol/IEEE802.3ad)をサポートし、複数の物理ポートを論理的に束ねてスイッチ間の帯域幅を拡大する“ポートトランキング機能”を拡張したほか、BPDU(Bridge Protocol Data Unit)透過機能により、スパニングツリーの段数制限の対象とならずに構成を拡張できるなどの冗長機能を強化している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

NeoFace Monitor 【NEC】 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 【日本マイクロソフト】 指ハイブリッド認証 【NEC】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】 RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】
認証 認証 認証 認証 認証
高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 知っていますか認証プロトコルの違い? 4種類の特徴と用途 「指紋」と「指静脈」を組み合わせた複合型認証技術。非接触型指ハイブリッドスキャナ、OSログイン用ソフトウェア、アプリケーション組み込み用ソフトウェアなどで構成。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015456


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ