FST、MSCS向けクラスタ環境バックアップソリューションを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FST、MSCS向けクラスタ環境バックアップソリューションを出荷


掲載日:2006/08/30


News

 株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ(FST)は、富士通株式会社製PCサーバ「PRIMERGY」上で動作するMicrosoft Cluster Service(MSCS)に向けたバックアップソリューション「System Backup Solution for MSCS」を、9月初旬より出荷する。

 「System Backup Solution for MSCS」は、「PRIMERGY」上で動作するMSCSに対し、米StorageCraft Technology Corporationのディザスタリカバリソリューション「ShadowProtect Server Edition」などを組み合わせたバックアップソリューション。クラスタ環境下のバックアップ/リストア作業をユーザー自身で実施できる運用手順が提供される。

 「ShadowProtect」は、稼動中のサーバを停止せずにOS/アプリケーションを含めたサーバボリューム全体をDisk to Diskのイメージングでバックアップでき、バックアップのためのMSCSの停止は不要となっている。Windowsのスケジューラ機能を使用した定期的なバックアップを行なうこともできる。

 DVD±RやDVD-RW、CD-R/RW、MOといったメディア、ローカル/ネットワークドライブ、USB 1.1/2.0やFireWire(IEEE1394)接続のリムーバブルメディア、HDDなど、Windowsが認識するメディアへバックアップでき、任意のメディアからのリストアも可能となっている。なお価格は、2ノードの場合で80万円となっている。


出荷日・発売日 2006年9月上旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 システム保護から災害対策まで強化――バックアップ運用の統合と自動化の秘訣 【伊藤忠テクノソリューションズ+他】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 重複排除で伝送量を85%削減、小松製作所が高速かつ確実なデータ保護を実現 【日本ヒューレット・パッカード】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 システム保護から災害対策まで強化――バックアップ運用の統合と自動化の秘訣 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 小松製作所事例:バックアップ見直しで伝送量85%削減と業務軽減も実現

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015454


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ