FST、MSCS向けクラスタ環境バックアップソリューションを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


FST、MSCS向けクラスタ環境バックアップソリューションを出荷


掲載日:2006/08/30


News

 株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズ(FST)は、富士通株式会社製PCサーバ「PRIMERGY」上で動作するMicrosoft Cluster Service(MSCS)に向けたバックアップソリューション「System Backup Solution for MSCS」を、9月初旬より出荷する。

 「System Backup Solution for MSCS」は、「PRIMERGY」上で動作するMSCSに対し、米StorageCraft Technology Corporationのディザスタリカバリソリューション「ShadowProtect Server Edition」などを組み合わせたバックアップソリューション。クラスタ環境下のバックアップ/リストア作業をユーザー自身で実施できる運用手順が提供される。

 「ShadowProtect」は、稼動中のサーバを停止せずにOS/アプリケーションを含めたサーバボリューム全体をDisk to Diskのイメージングでバックアップでき、バックアップのためのMSCSの停止は不要となっている。Windowsのスケジューラ機能を使用した定期的なバックアップを行なうこともできる。

 DVD±RやDVD-RW、CD-R/RW、MOといったメディア、ローカル/ネットワークドライブ、USB 1.1/2.0やFireWire(IEEE1394)接続のリムーバブルメディア、HDDなど、Windowsが認識するメディアへバックアップでき、任意のメディアからのリストアも可能となっている。なお価格は、2ノードの場合で80万円となっている。


出荷日・発売日 2006年9月上旬 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合データ保護ソリューション 「Veritas NetBackup」 【ベリタステクノロジーズ】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 「バックアップ製品」に関するアンケート 【ノックス株式会社、アイティメディア株式会社】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
データの保存場所がオンプレミスかクラウドかに関係なく、コストとリスクを抑えながら必要なサービスレベルを実現するための統合データ保護環境を提供。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 ギフト券5000円分が当たる◆「バックアップ製品」に関するアンケート

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015454


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ