日本IBM、システム障害の問題判別効率化ソリューションを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、システム障害の問題判別効率化ソリューションを提供


掲載日:2006/08/29


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、オートノミック(自律型)コンピューティングの技術を利用し、情報システムで障害などが発生した際の問題判別を効率化するソリューション「PDアクセラレータ」を、8月31日より提供する。

 「PDアクセラレータ」は、システム障害が発生した際に、各システムに記録された異なる形式のログを1つの共通フォーマットに変換/統合して分析するためのツールを利用したソリューション。“GLA”(Generic Log Adaptor)ツールにより、標準化された形式“CBE”(Common Base Event)に変換し、解析ツール“LTA”(Log and Trace Analyzer)を利用して統一されたログの相関関係をグラフで視覚化する。

 同ソリューション構築支援のエントリーパック「PD Accelerator Basic」では、既存のシステム環境を変更せず、簡易に問題判別の効率化が可能となる。また、「Basic」に加えシステム稼働状況の監視用ソフトウェア「IBM Tivoli Monitoring」(ITM)を利用する「PD Accelerator with Monitoring」では、「ITM」によりシステムの常時モニターが行われる。

 さらに、「Basic」に加え散在するIT資源の構成情報を統合管理する「IBM Tivoli Change and Configuration Management Database」を利用する「PD Accelerator for IT Service Management」では、IT資源間の相関関係や変更履歴情報を基に障害原因として疑わしいログを自動選別し、ログ間の相関分析を行なうことができる。なお価格は、「Basic」を採用し、アセスメント/導入作業を含み約1週間のケースとなる最小構成で、200万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 Mac管理ツール 「M2DeployTools」 【三谷商事】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 Macの個別設定やイメージ復元、リストアを効率化するツール。Apple製品の取扱いでは25年の実績を持つ三谷商事が独自に開発・提供。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015441


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ