デル、コンサル/保守など含むWindows CCSパッケージを受注開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


デル、コンサル/保守など含むWindows CCSパッケージを受注開始


掲載日:2006/08/29


News

 デル株式会社は、コンサルティングから構築、保守までを提供する、64ビット対応のIAサーバ「PowerEdge」とマイクロソフト株式会社のHPC(ハイパフォーマンスコンピューティング)クラスタシステム「Microsoft Windows Compute Cluster Server 2003」(Windows CCS)のパッケージを、9月1日より受注開始する。

 今回発表されたのは、「PowerEdge」とネットワーク機器「PowerConnect」、Windows CCS、サーバ設置サービスのパッケージ。導入前のコンサルティングからテスト環境の提供、ハードウェアの構築、Windows CCS環境のためのActive Directory構築、運用開始後の保守サービスまでがワンストップで提供される。システムの規模と利用するアプリケーションによっては、システムのステージングサービスを前提に、機材のラッキングやWindows CCSの環境構築に加えアプリケーションのインストールまで行なった上で納品するサービスにも対応する。

 各ノードサーバとクライアント端末の構成情報把握と一元管理を可能とし多ノード展開を容易にする「Systems Management Server構築サービス」や、Microsoft Operations Manager 2005とデルのサーバ管理ツール「OpenManage」との連携による統合監視ソリューションなど、運用管理の効率化のためのサービスが提供される。さらに、デル本社内の技術検証施設“デル・テクノロジー・ソリューション・センター”で、導入前におけるユーザーのテスト環境と、ISV(独立系ソフトウエアベンダー)のアプリケーション開発やポーティングを支援する環境が提供される。なお、4台の「PowerEdge 850」を中核とした最小構成時の価格は、158万1700円(税込)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小構成時の価格:158万1700円(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015438


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ