SAPジャパン、ERP製品対応のインテグレーションツールを無償提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SAPジャパン、ERP製品対応のインテグレーションツールを無償提供


掲載日:2006/08/25


News

 SAPジャパン株式会社は、SAP製品を導入している既存ユーザー向けに、中小企業向けERPパッケージ「SAP Business One」(B1)に対応したインテグレーションツール「SAP Business One integration for SAP NetWeaver」(B1i)の無償提供を、開始した。

 「B1i」は、グループ企業の中小規模の関連企業/拠点において、あらかじめ定義された業務統合シナリオを活用し、短期間で業務プロセスを統合することを支援する製品。マスタデータ連携によるデータの受け渡しや変換、グループ内購買発注における自動的な在庫確認や伝票生成といった2つのシナリオを装備している。これにより、海外/国内拠点の設立や、取り引き先の様々な仕様変更への対応、システム導入/運用におけるコスト削減、異なるアプリケーション間のインターフェースメンテナンス対応などの課題の解決を図ることができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

業種・業態ごとの機能をオールインワン「Infor CloudSuite」 【インフォアジャパン】 クラウドERPを武器にしたCFOは経営戦略をどう変えるのか? 【日本オラクル】 GRANDIT 【双日システムズ】 ERPで海外拠点の情報を可視化、THKリズムに学ぶ国際展開の勘所 【インフォアジャパン】 GRANDIT 【GRANDIT】
ERP ERP ERP ERP ERP
データ活用やクラウドの普及を背景に、基幹システムの刷新ニーズが盛り上がっている。どうすれば低コストかつ自社の業務に最適な基幹システムを導入できるのだろうか。 クラウドERPへの移行は、企業にとってどんなメリットをもたらすのか? 基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。双日システムズによるアドオンテンプレートの提供も。 ERPで海外拠点の情報を可視化、THKリズムに学ぶ国際展開の勘所 経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015410


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ