I-Oデータ、脱着式カートリッジ採用のRAID5対応LAN接続HDDを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


I-Oデータ、脱着式カートリッジ採用のRAID5対応LAN接続HDDを出荷


掲載日:2006/08/25


News

 株式会社アイ・オー・データ機器は、4台の脱着可能なHDDを備え、RAID 0/0+1/5に対応したLAN接続型HDD「LANDISK Tera」を、9月下旬より出荷する。価格は、1TBモデル「HDL-GT1.0」が10万6300円、2TBモデル「HDL-GT2.0」が21万900円となっている。

 「LANDISK Tera」は、シリアルATAドライブを採用し、1000BASE-Tに対応したLAN接続型HDD。カートリッジ型HDD「Relational HD」の採用で、4種類のRAID構成を柔軟に構築することができる。ホットスワップに対応し、電源を投入したままでカートリッジを交換することができる。別売りの5インチベイ用接続ユニット「RHD-IN/SA」との併用により本体からカートリッジを取り外して単体のHDDとしてPCで利用できるほか、USB/eSATA(external Serial ATA)それぞれ2系統の接続端子を搭載し、プリントサーバや、ミラーリング動作、バックアップ用途に使用することができる。


出荷日・発売日 2006年9月下旬 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

データ保護に関するアンケート 【ネットワールド/arcserve Japan】 Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 【Commvault Systems Japan】 NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? 【Commvault Systems Japan】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
【Google Homeが当たる】データ保護についてのアンケート アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? 実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015405


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ