ウイングアーク、「StraForm-X」をBEA WebLogic Serverに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ウイングアーク、「StraForm-X」をBEA WebLogic Serverに対応


掲載日:2006/08/24


News

 ウイングアークテクノロジーズ株式会社は、業務文書をデータ化するリッチWebフォーム「StraForm-X」で、日本BEAシステムズ株式会社のWebアプリケーションサーバ「BEA WebLogic Server」に対応した「StraForm-Xサーバ基本モジュール」を、出荷した。価格は、40万円からとなっている。

 「StraForm-X」は、紙/Excel/Word/PDFなどの業務文書をデータ化し業務効率の向上を図るための製品。フォームを設計するクライアントソフト「StraFormデザイナ」とサーバソフト「StraForm-Xサーバ基本モジュール」で構成されている。「デザイナ」で設計されたフォームにWebクライアントからデータを入力することで、「サーバ基本モジュール」は入力フォームとデータを関連付けて保存し、エンドユーザーからの入力/参照要求に従ってWebブラウザに入力フォームとデータを表示する。

 同モジュールの動作はWebアプリケーションサーバ上で行なわれる。同モジュールは既にHP-UX版が出荷されており、「BEA WebLogic Server」の標準的な環境で「StraForm-X」を運用することができる。


出荷日・発売日 2006年8月23日 出荷
価格 40万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「Webアプリケーションサーバ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Webアプリケーションサーバ」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015389


IT・IT製品TOP > サーバー > Webアプリケーションサーバ > WebアプリケーションサーバのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ