提携:コグノスのBIソフトウェアとアルプス社の地図データが連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:コグノスのBIソフトウェアとアルプス社の地図データが連携


掲載日:2006/08/23


News

 コグノス株式会社と株式会社アルプス社は、BIソフトウェア「Cognos 8 Business Intelligence(BI)」とアルプス社の地図データを連携させ、「Cognos 8 BI」でマッピング機能を利用可能となったと、発表した。

 今回の連携により、アルプス社の地図データと米MapInfo製品の地図機能をコグノスの新ツール「Cognos Map Manager」を用いて「Cognos 8 BI」へ取り込むことが可能となった。「Cognos Map Manager」では、データの管理/操作にMapInfoの機能を利用するため、特定地域の詳細地図の表示や営業店舗の位置情報の追加など、地図情報を柔軟に加工することができる。

 これにより、「Cognos 8 BI」のBI機能にGIS(地理情報システム)機能を拡張でき、ユーザーは地図を用いて様々な位置情報を持ったデータの分析/検索を行なうことができ、様々なデータを視覚的に表現することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 MotionBoard 【ウイングアーク1st】 オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】
BI BI BI BI BI
様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20015372


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ